バス釣り初心者のライン

バス釣り初心者

バス釣り初心者が使うラインはこれ!!【ベイト&スピニング】

バス釣りを初めて間もない方は

 

どのラインを使ったらええの?

ラインの太さはどれがええの?

 

って迷っちゃいますよね。私も初めはそうでした。

という事で、バス釣り歴15年の私がどのラインが良いか解説します。この記事を見れば「スッキリ!!」と迷いが晴れて、ラインを決める事が出来るでしょう。

それではご覧ください。

 

バス釣り初心者はラインの種類が3種類ある事を知ろう!!

全ての釣りで使うラインは

  • フロロカーボン
  • ナイロン
  • PE

の3種類があります。

 

クリリン
それではこの3種類を簡単に説明して行きまっせ―!!

 

フロロカーボン

  • 比重が重い
  • 伸びにくい
  • 価格やや高い

 

ナイロン

  • 比重が軽い
  • 伸びやすい
  • 価格安い

 

PE

  • 比重が1番軽いライン
  • 伸びにくい
  • 価格高い
  • 見た目はもはや紐

 

ラインの太さについて

ラインの太さはポンドで表記されます。ポンドの数字が低い程細く、高い程太い糸になります。

 

バス釣り初心者が使うべきラインは「これだぁ!!」

初心者が使うべきラインを

  • ベイトリール
  • スピニングリール

の場合の2パターンに分けて、それぞれの場合に「初心者はこれ!!」って言うラインをご紹介します。

 

ちなみに、「ベイト?スピニング?リールはまだ選んでない.....。」って人は、コチラの記事も覗いてみて下さい。

バス釣り初心者のリール選び!!【ベイト1選&スピニング3選】
バス釣り初心者のリールはこれ【ベイト1選&スピニング3選】

続きを見る

 

ベイトタックルで使う『ライン』はこれだぁ!!

ベイトタックル

クリリン
迷わないようにもう断言しちゃいます!!

ベイトタックルの基本は

  • 巻物:12ポンド
  • カバー打ち:16ポンド

これを基準と考えときましょう!〈巻物、カバー打ちに関してはこちらの記事をご覧下さい〉

 

そんな中で初心者が選ぶべきラインは、「14ポンドのフロロカーボン」を選びましょう!

 

トラオ(兄)
なんで、14ポンドなんや?
クリリン
それは、巻物とカバー打ち両方出来るポンド数という選択ってこと
トラオ(兄)
ふ~ん。じゃあ、なんでフロロカーボンなん?
クリリン
それはチョット以下で説明していくわぁ

 

バス釣りの中で1番使用率が高いのはフロロカーボンです。伸びやすく強度があまり強いと感じないナイロンラインは、私の中では必要性をあまり感じていません。

例外としてトップウォーターの釣りであれば、ナイロン、PEの選択はありやと思います。あとパワーフィネスの釣りはPE、フロッグの釣りもPE等、専門的な釣りでは他のラインを使う事も有りますね。

ただ、初心者がベイトで使うラインは、フロロカーボンが1番扱いやすく無難なので、フロロカーボン1択で行きましょう!!

 

 

スピニングタックルで使う『ライン』はこれだぁ!!

スピニングタックル

スピニングタックル

クリリン
スピニングで使うラインも断言しちゃいます!!

バス釣りでスピニングリールを使う場合は、ラインはフロロカーボンで基本3~5ポンド」と言われております。

もちろんPEでのセッティングもありますが、応用編となりますので今は気にしなくて良いです。

 

5ポンドを超えるとキャスト時に、ライントラブルの可能性が格段に上がります。かと言って3ポンドでは切れそうで少し不安です.....。

なので、4ポンドのフロロカーボンで決まりです!!

 

 

クリリン
私も基本4ポンドを使用しています。

 

 

まとめ

今回、バス釣り初心者にオススメの「ライン」について書かせて頂きました。

  • ベイトタックル
  • スピニングタックル

の2つの場合にどのラインを使えば分かったと思います。

 

初心者の頃は、色々とタックルで悩むと思いますが、焦らずに調べつつバス釣りの事を知りながら、どっぷりとバス釣りにハマっちゃってくださいwww

それも、バス釣りの醍醐味です。タックルによって色々な釣り方がありますからね。

 

ちなみに、当サイトではバス釣り初心者向けの

  • ロッド(竿)
  • リール

についての記事も書いていますので、参考にしてみて下さい。

バス釣り初心者のロッドはこの2択
バス釣り初心者のロッドはベイト「MH」かスピニング「L」の2択!?

続きを見る

バス釣り初心者のリール選び!!【ベイト1選&スピニング3選】
バス釣り初心者のリールはこれ【ベイト1選&スピニング3選】

続きを見る

-バス釣り初心者

Copyright© BASS BONUS , 2022 All Rights Reserved.